2011年10月20日

なんて、はやい!

オーストラリアって、日本に比べると、おおらかでゆったり、何事も少しゆっくり目、と思っていましたが、

昨日の朝したばかりの血液検査について、
今さっき、かかりつけの医院から電話がありました。

「コレステロール値が高いので、先生が来てくださいと言ってますが、いつにしますか?」
は、はやい!

しかも、検査したところと、クリニックは別なのですよ!

というわけで、速さには驚き感激しましたが、結果は良くなかったようですな。

今度こそ、お薬飲みましょうね、と言われてしまうだろうな。
前回チョコを食べた直後に検査したときよりも悪いのかなあ。あれから、クライアントにいじめられて、コンピュータもこわれちゃって、食事に気をつけたり、運動をしたりできなかったんです、かえって、ストレスがたまってたんです、なんていっても、許してもらえないだろうなあ。

来週の火曜日にお医者さんに行くことになりました。

posted by OZK at 13:01| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

コレステロール

今朝は、血液検査に。

3ヶ月前に別の用事で医者にかかったときに、”最近コレステロールの検査をしましたか”と聞かれて、していない、と言うと、早速検査していらっしゃい、ということになりました。結果は、良くなくて、運動したり食生活に気をつけて、3ヶ月後に再検査しましょう、と言われ、再検査したのが今日というわけです。

うちは、高血圧、コレステロール値の高いうちなんです、と言ってみても、
もっと若いときならともかく、見逃してもらえない年齢になってしまいました。

しかも、前回は、検査の前日、コンピュータに向かいながら、口がさみしいので大量にチョコレートを食べていたものですから、結果がいいわけはありませんでした。

今回はどうかなあ、ここのところ、ずっと忙しくて、食べ物や運動に気をつけていたとは言えないので、結構弱気です。来週、結果を聞きに行きます。
posted by OZK at 17:57| Comment(3) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

カデル・エバンス優勝で、さっそく自転車屋へ

Jは、かなり分りやすい性格をしている、と私は思っています。

昨晩、というより、今朝早く、ツール・ド・フランスの中継で、カデル・エバンス選手がオーストラリア人として初めて優勝し、表彰式でオーストラリア国歌が流れているのに、こころなしか目をうるませていると思ったら、

今朝、早速、自転車屋に行って新しいヘルメットを買ってきました。

もともとサイクリングは好きで以前はよく乗っていたのですが、ここ数年、フリーランスになって仕事の立ち上げに忙しく、なかなか時間がとれないので、自転車は埃をかぶったままになっていました。

まあ、ほかにこれと言って運動らしいことをしているわけでもないので、また、自転車を始めるというのも悪くはないとは思うのですが、しかし、この辺り、坂ばかりなので大丈夫なんでしょうか?

ところで、分りやすい点では決して負けていない私も、
昨日行きつけのスーパーで、イチゴの苗を2鉢買ってきました。

実は、最近イチゴも手頃な値段になりつつあるので、ヨーグルトをかけて食べようかなあ、などと思っていたところ、イチゴ1パックと苗1鉢が同じ値段なのを発見。サボテンも枯らしてしまう園芸音痴なのも忘れて、赤い実がどんどんなることを夢見つつ2鉢買いました。

Dに、買って来た苗を見せて、いったいどのぐらいイチゴの実がとれるかなあ、と言うと、真面目な顔で「3つぐらい?」と言われました。

JとDと私、ひとり1粒ずつじゃ、随分高い出費だなあ、なんとしても、この辺で汚名挽回をはからなくてはと思っています。
posted by OZK at 11:07| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

ギブスがとれて/疑問

4月のイースター前に、左腕の骨を骨折したJKDの若手Dのギブスが、今日とれました。

ちょうど涼しい季節に入ったところだったので、かゆがったりすることもなく6週間過ごしましたが、長かったようでも短かったようでもあります。

隣にいて、うっかり頭に硬いギブスをぶつけられたり(もちろんわざとじゃありませんが)、やすりのようにざらざらと硬いギブスの表面で、腕をこすられたり、近くにいる者としても、けっこう気を使いました。

そして、待ちに待った今日、ギブスはとれ、骨もくっついてはいるようなのですが、
大騒ぎなしには、物事がすまないのがJKDでして。

今回の骨折に関しては、最初に救急車で運ばれてから、イースター前の週末で混んでいたとはいえ、ギブスをはめてもらうまでに24時間も待たされました。退院する時に次の予約を取ろうと思ったら、コンピュータがダウンしていてできないので、病院の方から連絡があると言われたのに、こちらから問い合わせをするまで何の連絡も無く、さらにギブスをして1週間後、ギブスの中の親指ところが痛いと騒ぐので病院に行ったら、中でギブスと擦れて皮が赤むけしていました。

そして、今日に関しても、予約が勝手に変更されていたりして、一時は、今日ギブスをとってもらえないのか?とハラハラしました。

病院のスタッフのひとりひとりは、みな善意の人ばかりのようです。先生も技師さんも看護婦さんもやさしくて、親切。でも、なんとなく釈然としない気持ちがします。病院全体のシステム全体になにか問題があるような気がして。

今日は、ギブスをはずしたら確認の為にレントゲンをとるのかと思っていましたが、技師の人に「不思議に思うかもしれないけれど、こういうタイプの骨折では、6週間もギブスをはめていて、もうくっついている(に決まっている)から、レントゲンはとらないんだ」と言われ、その後、担当の医者とちょっと話をして、それでおしまいでした。骨折したときって、どこでも、こんなものでしょうか?だいじょうぶなんでしょうかね?D自身も、なんとなく確信が持てないでいるようなのですが。

オーストラリアでも、特に公立の病院のあり方については、マスコミでいろいろ問題点が取り上げられています。でも、2005年からオーストラリアで暮らして来て、私自身は、これまで、大きな問題は感じたことはありませんでした。しかし、今回のDの骨折で、やはり、どこかが、なにかがおかしいのではないか?と考え始めています。

きょうたまたま、日刊紙のクーリエ・メール紙で、医療制度に問題はあると思うか、というミニ・アンケートをしていて、解答した一般の人5人のうち4人が、改善の余地はあるがおおむね良好、残りの1人は、素晴しいと答えていました。私も、ついこの間まではそう思っていたのですが、今は、医療の技術的なレベルが云々というのはともかく、それを提供していくシステムには問題があるようだ、と思っています。
posted by OZK at 19:24| Comment(4) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

風邪?それともアレルギー?

昨日の朝起きたら、のどが痛く、一日中だるかったので、風邪をひいたと思っていました。数日前の新聞の見出しに、”The Worst Is Yet to Come”(最悪なのはこれから)とあって、暖かくなってきたからといって油断は禁物、風邪の流行はこれから、のような記事もあったからです。

去年の冬、というのは2009年の中頃ですが、新型インフルエンザが流行って、マスコミも大騒ぎしていました。それで、この冬は予防注射をしてそなえたというのに、インフルエンザの流行についてのニュースは全然聞きませんでした。

昨日の夜から風邪薬を飲み始めましたが、どうも様子がおかしい。もしかしたら、季節性のアレルギーかもしれません。日本にいた時は花粉症とは無縁でしたが、ここ何年かは、季節の変わり目になると、こうして具合が悪くなります。

体調が完全に悪いとも言えないけれど、きょうはイージーな一日にしようと思い、お昼頃、アイディアのもとになる本を買いに、アーターモンの古本屋さん「ふるほんや」に行ってきました。本屋に行くのは、いつでも楽しい。

電車に乗る前に、駅前の店でキットカットを買いました。2ドル20セント、今のレートだと日本円で170円ぐらいです。ここのところの円高傾向は心配です。オーストラリア経済や日本経済が心配というより、ちかぢか日本に遊びに行こうと思っているので、こういう傾向が続くと、こちらから持って行く豪ドルのお小遣いが目減りしてしまうからという自己中心的な理由ですが。(日本からオーストラリアに遊びにくる方にはいいんですが)。

kitkat-esww.jpg


キットカットと一緒に写真に写っているのは、シドニーの電車の切符です。紙でできていて、これで一回、というか一往復分。日本にあるような電子切符、電子改札を導入しようという動きもあり、2000年のオリンピック時を目標に開発していたらしい形跡もあるのに、いまだに実現していません。電車の車体も古く、切符の自動販売機も一枚ずつしか買えず、とにかくこの分野では、シドニーはめちゃくちゃに遅れています。こういう言い方をしても、政府も誰も文句言わないと思います。だって、ほんとに、めっちゃくちゃに遅れているんですから。この国から見ると、日本の電車のシステムは、未来的と言うより、神業的とすら言えます。

オーストラリアは車社会だから、電車のような公共交通のインフラがおくれているという反論もあるかと思いますが、これはタマゴとニワトリの議論と同じで、電車がまったく当てにならないために車利用が増えるということも言えそうです。しかし、シドニーでは、人口が急速に増加しているため、すでに、道路事情も限界に来ており、絶対に、公共交通機関の問題の解決を急がないといけないところまできています。先日読んだ新聞の記事では、シドニーのある地区のアパートで、車の所有台数を制限するところがでてきたそうです。
posted by OZK at 19:14| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。