2012年06月07日

値段下げました。

昨晩、応募したスペインのカダケスのミニプリント展の事務局からメールが来ました。

応募書類を送った時に、買いたい人が現れた場合はいくらで売るか、ということを自己申請したのですが、メールでは、その値段だと、高過ぎて売れないでしょう、とありました。また、このぐらいの値段が上限、人気のあるのはこのレベル以下、などとも、親切に書いてあり、値段設定を変えるのだったら、連絡が欲しいということでした。

売れる上限の値段というのは、オーストラリアで版画を売るにしてはかなり安めの値段だったのですが、
国ごとの事情もあるだろうと思い、今回は、せっかくいただいたアドバイスどおりに値段を下げてみることにしました。

すると今朝またメールが来て、”値下げしてくださってありがとう。下げてくださったのだから、私達はちゃんと売らなくてはね”と書いてありました。

本当に適正な値段を決めるのは難しい。どんなに手がかかっても、極小さい作品にはそんなに高い値段はつけられないし、たとえ同じオーストラリアの中でも、売れやすい値段というのは、都市によって違うので、ましてや国が変われば、事情が大きく異なってもおかしくありません。

しかし、私はアーティストとしては”若葉マーク”なのだから、いろいろな人からのアドバイスを聞いて、その時その時で考えて行こうと思いました。

もっとも、価格の変更をしたとはいえ、まだ、展示されるかどうかは決まっていません。ウェブサイトには、今月末日に、発表になるとありますので、まだまだドキドキは続きます。

posted by OZK at 21:25| Comment(0) | 展示・販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

応募締め切りのラッシュ

新しい1週間。今週は、今日の午後5時がオンラインによる応募が締め切りの公募展と、金曜日が締め切りの別の公募展があります。

とりあえず今日は、午後5時の締め切りの方だけやっつけちゃおう、と思っていましたが、残しておくと気になるので、金曜日の方も、なんとか応募手続きを終えてしまいました。これで今週はもう心配せずに、ほかのことに専念できます。

応募手続きと一言でいっても、作品の実物を送るものから、デジタル画像を主催者に送るもの、応募申込書だけを送ればいいものから、履歴書やアーティスト・ステートメントと呼ばれる作文を字数制限付きで送るように指定してくるところもあり、きちんと募集要項どおりに必要書類を整えるのには、なかなか神経を使います。

画像も、大きさや、送る時の名前の付け方(例えば、苗字を先にするか、名前を先にするか、作品のタイトルも書く必要があるか、それともいらないのかなどなど)、メールで送れば良いのか、CDにやいて郵送するのか、など、公募展ごとに1つ1つ違います。審査料の送り方も、クレジットカード、銀行振込、小切手、郵便為替、などいろいろあり、いくつも同じ時期に締め切りが重なると、作品は出来上がっていても、1つ1つの応募にかなり神経を使うので、なかなか大変です。

しかも、年の半ばをすぎたころからクリスマス気分が始まる前に展示をすませてしまおう、と考える主催者が多いのか、5月、6月は、公募展の応募締め切りラッシュです。絵画に比べると、版画はマイナーなメディアだと思いますが、この時期は版画対象の大きな賞の締め切りがいくつか続きます。

先週公募展2つに応募し、今日また2つ。どれもが、せめて、書類と画像審査を通って、展示してもらえるところまでいくとよいのですけれど。4つのうち、比較的通りやすそうなのはひとつ、あとは、メジャーで、審査に通ること自体が難しい版画の公募展が2つと、版画以外のメディアも対象の公募展ひとつ。さて、どうなるでしょうか。
posted by OZK at 20:56| Comment(0) | 展示・販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

弱い電波でも

最近は、ブログの更新も間が開きがちです。
毎日更新していたこともあったというのに、これではいけないと思いつつも、多忙でなかなか手が回らなくなっている状態。少し、身の回りを整理して、どうでもいいようなことに時間をかけるのをやめなくては、と反省しています。

ブログを書き始めたのは、シドニーで、TAFEという専門学校とも職業訓練校ともいえるような州立の学校で、版画の授業を週に2日とっていたころ。あのころはあのころなりに忙しいとは感じていましたが、やっぱり、だんだんと活動範囲が広がった今とは比べものになりません。

しかし、ひとに作品をみてもらう機会が増えたのはありがたいことです。
いま展示したり販売したりしているところは、自分からアプローチして開拓したところばかり。次のステップとしては、”展示してみませんか”とか”作品をおいてみませんか”と相手の方から声をかけられるようになりたいものです。

教えるということに関しては、これまで一度も正式にはそういう機会がなかったものの、去年あたりから漠然と”やってみたいなあ”と思っていました。すると、今年、とんとんと立て続けに2つお話をいただきました。そんなわけですので、展示や販売に関しても、アンテナを高くはって、”私はここにいるよ”と弱い電波でも発信し続けていれば、それをキャッチして反応してくれる人もいずれでてくるのでは?とかなり楽観的に考えています。

これからどんな道が開けてくるかたのしみですが、それまで、自分でできるだけのことはやっておこうと思います。
posted by OZK at 20:09| Comment(0) | 展示・販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

営業担当も

マーケット参加は試行錯誤が続きます。

来月は、自分の版画だけでなく、クラフトを作っている人で仲良くしていただいている方や、お世話になっているお店の商品のサンプルやパンフレット、名刺なども置いて、にぎやかにテーブルを展開しようかな、と思っています。

それで、すでに、ブリスベン市内のお店一軒と、ゴールドコーストでかわいい小物を売っている人に声をかけて、了解をとりました。

そして今日。つい最近、ひょんなことから知り合いになった、ニューサウスウェールズ州北部に住む人がブリスベンに何かの用事で来たのでついでに会ったら、別れ際にきれいなモザイクをほどこした小石をくれました。飾ってよし、文鎮として使ってよし、
「こんなかわいい物作っているのに、なんで早く言ってくれないのよー”というわけで、この人のモザイクの小物も、来月のマーケットで紹介することになりました。

来月は版画家としてだけではなく、他の人・店の営業担当としても参加、楽しみです。
posted by OZK at 18:46| Comment(2) | 展示・販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

ミニプリント・カダケスのHPに作品が

昨日の午前中、なにげなく、スペイン、カダケスのミニプリント展のウェブサイトを見ていたら、
自分の作品が出てきたので、びっくりしました。

去年のコンテストはどんな感じだったのかなあ、と見ていたつもりだったのですが、
既に、先月末が応募締め切りだった今年の参加作品がアップされていたのでした。
昨日、夜になってもう一度ウェブサイトを見てみたら、朝見なかった作品がいくつもあったので、どしどしアップしているようです。すごいスピードで作業を進めているようなのに、感心しました。私が勝手に想像していた、ゆったり、のんびりのスペインとは大違い。この展覧会も32回目の開催ということなので、経験も権威もあり、手際もいいのだと思います。

参加作品を見て行くと、ブログやフェイスブックで知り合いになった作家さんの作品がいくつかあり、やあやあ、こんにちは、みなさん、頑張っていますね!という感じ。応募作品の数も非常に多いのですが、それとともに、技法や表現方法もさまざまで圧倒されます。あ、これは!と気に入った作品があったので、作家の名前を見てみたら、先月、一緒にMini Print International Asia Pacificをもらった、オーストラリア人で、今スペインで修行中のダニエールの作品でした。

わたしの作品は、黄色い大きい半月に、ローズ色の人がかけるような形でジャンプしている作品です。この展覧会/コンテストは、きれいな色を使ったシリーズで応募してみました。

ウェブサイトは、3Dで凝っているのですが、クリックしてもなかなか次のページに進まなかったりして、ちょっとイライラ(だから、イライラしたら、見なくっていいですよ!)。素敵にしてくれなくてもいいから、簡単に見られる方がいいなあ、と思ったりもしました。こちらがウェブサイトのURL。

http://www.miniprint.org/tilt2012.html

いまアップされている作品は、届いたものをどんどんのせているとのことで、このなかから選ばれたものが展示されます。その選考結果がでるのは6月だそうです。
posted by OZK at 06:25| Comment(0) | 展示・販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。