2012年06月17日

1週間のご報告

あっという間に1週間が過ぎ、週間ブログと言った方がいい状況になりつつあります。

先週は、

月曜日:オーストラリアでは、英国の女王であり、オーストラリアの女王でもあるエリザベス女王の誕生日を祝う国民の祝日であるにも関わらず、わたしは前の週からの積み残しの用事に追われる。途中で、ブリスベン在住の日本人の知り合いからメールが入り、翌日の日本代表対オーストラリア代表のサッカーの話に。急遽行くことに決定、オンラインでチケット購入。

火曜日:火曜日であるにもかかわらず、前日が休みであったため、なんとなく月曜日という気分。昼頃、やはり応援には青いシャツを着るべきだと思いつき、ダッシュで青いTシャツを買いに行く。帰宅後は、試合までにはまだまだ時間があるのに、そわそわと落ち着かない。
結局、土壇場で買った安めのチケットだった割には、とてもよく見える席で満足。周り中、ほぼオーストラリア人のみの中で日本を応援。審判の判定には、かなり不満が残った。

水曜日:前日、試合後すぐに帰宅したとはいえ、けっこう疲れている。月曜日が休みだったので、実際には、もうすでに1週間の真ん中まできているのに、気分は火曜日。

木曜日:1週間も半分が過ぎたのに、前半のろのろしていたためか、やらなければならないことが山積みになっている。しかも、うまくいかないことがあり、夜になって、かなりヤケな気分に。

金曜日:6月の初めに参加応募した新しい版画展から、今年は参加作家に選ばれなかったというメールが届く。将来的には賞金のでるコンペをめざしているものの、今年は初開催だということで、参加できるか、できないか、だけの判定しかないし、応募した作品は自分では結構自信があったので、お断り、と言われて驚く。結果を見てからいうのは意味がないかもしれないが、これは絶対まずかったな、と思うのは、暑い地方の展覧会なのに、濃いセピア色のベターっとした、いかにもあたたかそうな作品を選んで応募してしまったこと。それだけが理由ではないかもしれないけれど、オーストラリアの中でも常夏ともいえる地方の展覧会なので、やはりもう少し風がさらさらと吹くような作品で応募すべきだったと後悔した。

土曜日:ブリスベンで所属する工房の年次総会。目下建設中で、今年中に引っ越す予定の新しい工房の隣にあるパブで。場所は、うちのある市の南部から、市の中心を東西に流れる川を渡った市の北側。遠くなるからいやだな、と思っていたが、工房から幹線道路を挟んだところに、バス専用道路の停留所が出来たので、時間はかかっても思っていたほど大変ではないことが判明。
総会自体も、一昨年の暮れ引っ越してから半年後で、誰も知り合いのいないところに出かけて行った去年の総会と比べると、会場に入ったとたんに、数は少なくても、”やあやあ”と声をかけてくれる人や”元気だった?”とわざわざわたしの所まで来てくれる人がいて、うれしかった。

そして今日の日曜日:ちょこっ出かけた以外は、いよいよ来週の日曜日にせまったドライポイントのワークショップの準備。プラスチック板を切ったり、参加者に配る”ドライポイントとはなんぞや”のようなプリントを、パソコンで作成。

というのが今週1週間でした。
楽しかったような気もするけれど、なんだかうまくいかなくて、いやになちゃうなあ、と思うこともちらほら。
さあて、あしたからの1週間はどうなるでしょうか?

posted by OZK at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。