2012年04月30日

カフェに作品を見せに行く

今日は、大きめの作品をポートフォリオに入れて、新しく出来たカフェへ。

店にはお客としてもう何回も行っているとは言え、一体どういう作品が好みなのかについては、よくわからなかったので、いくつか傾向の違う作品で、まだ額装していないものをフォリオケースに入れて持って行きました。

金曜日に作品をおいてもらう話をしたのは、20代後半から30代前半といった感じのお兄さんですが、今日は共同経営しているらしい、同じぐらいの年齢の男性2人にも作品を見てもらいました。肩の筋肉がもりもりして、小山のような若い男性3人の前に作品を広げて、気に入ってもらえるかなあ、どんな風に感じているだろうか、とちょっとドキドキ。もっとも、シドニーでお店や画廊に売り込みをしていたころは、毎回、心臓が飛び出しそうにばくばくして大変でしたが、最近は、人の好みはそれぞれなのだし、気に入られなくても、ま、仕方ないな、と思えるようになってきてはいます。

結果的には、幸い版画のイメージ自体は気に入ってもらえたようなのですが、
まだ、店をオープンして間がなく、壁に絵を描けるような釘もなければ、画廊などで使われているような作品を下げることのできるレールもまだないので、重量のあるガラスの入った額をどのように展示するか、という技術的なことの方が問題になっていたようでした。3人の間で、壁に釘を打つか、それとも、費用はかかるがちゃんとしたレールを設置するか、というような話をしていました。それで、明日、今度はすでに額装してある作品を何点か持って行って、額入の作品の感じや、重さなども実際にみてもらおう、と思っています。

という感じなので、実際に店に飾ってもらえるかどうかは微妙です。
これが、キャンバスの絵画だったら、重さだとかガラスだとかいう問題なく、どんどん話が進んだのにな、とちょっと歯がゆい気もします。

さて、明日はどんな話の展開になるかな。うまい方に転がってくれるとよいのだけれど。しかし、もし飾ってもらえなくても、きょう作品を見せた時の感触はよかったので、カフェなどにアプローチするのも、まんざら悪くないのかもしれない、とちょっと自信がつきました。
posted by OZK at 19:54| Comment(2) | 展示・販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前向きに相談してもらえるって凄いです
飾っていただけるといいですねー!
Posted by Bunny at 2012年04月30日 21:10
Bunnyさま。お店の雰囲気、というのもあるし、技術的に、かけるスペースがあるかとかきうこともあるので、かざってもらえなくても、それほど気にはならないのですが、最初に作品を見せた時の、相手のリアクションは気になります。仁王立ちして、腕組みして、怖い顔のお兄さんたちが、無言で作品をみていると、やはり不安になります!
Posted by OZK at 2012年05月04日 04:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。