2012年04月06日

ソーニャ・ハートネットのトークに行きました

地元の本屋でも、作家を囲んで著作や執筆活動について話を聞くイベントがあったので、行ってきました。こういうイベントに参加するのは初めてです。

作家は、オーストラリアのソーニャ・ハートネット。30年のキャリアを持つ小説家です。ハートネットは、最近は、「銀のろば」などの著作で児童文学を中心に執筆していて、「ながくつしたのピッピ」の作者リンドグレーンにちなんだ、アストリッド・リンドグレーン文学賞も受賞しています。

トークの場所は、ブリスベンのウエスト・エンドにある独立系書店のアヴィッド・リーダー。作家のトークの前に、ちょうどコンサートの前座みたいな感じで、作家修行中の人なのかな?3人ほど自分が執筆した作品の一部を朗読しました。なーるほど、作家のタマゴはこんな感じなのか、というのがなんとなく分かって面白かったです。もちろん、書店の目にかなって人前で自作を披露するのですから、かなり上手なひとたちなのだろうと思います。

それから、ハートネットのトーク。聞き手はアート専門のジャーナリスト。会場からも質問を受け付けていました。それほど広いとも言えない店内の本棚を動かして、ちょうど、日本の学校の教室の2/3ぐらいのスペースを作って、そこに折りたたみ式の椅子をぎっしりにならべて。ワインもふるまわれ、人数は多くても、本好きが集まってくつろいだ雰囲気でした。

ハートネットの話は、小説とビジュアルな作品と媒体は違いますが、制作の過程や手法は似たようなところがあって、興味深かったです。作品を書き出すと、登場人物が、当初自分が考えていたのとは違うふうに、それ独自の主体をもって勝手に動いたり主張したりして、物語を導いて行く、という話など、版画を制作している時にも、似たようなことがよくあるので(作品のほうから、ここにもう少し赤い色がほしい、この辺にこういう形を置いてくれない、と呼びかけてくることはしょっちゅうなので)”そうそう、そうだよね〜”などと思いながら聞きました。

また、作品執筆中は、読者を喜ばせようというよりは、自分が語りたいと思っていることに忠実に書いて行く、ということや、
自分の作品は児童文学とされてはいるが、よい物語は読み手の年齢を問わない、ということなども、アートのジャンルは違いますが、参考になりました。

ものづくりをする人のなかには、会社勤めをするように、きっちりとした日課にそって生活している人も多いようですが、ハートネットは、1年のうちの多くは、作品の構想を考えたりしながら比較的ゆったりと過ごし、構想がかたまったところで、集中して書くそうです。集中といっても、午前中に3時間ぐらい書いたら、そのあとはしばらく犬の散歩や、洗濯などの家事をして、午後3時間ぐらいかけて、午前中に書いたものを見直して、それで1日の執筆は終わりだそうです。若い頃はもっと長いこと書いていたけれど、今はそんなに長く書けないし、時間をかけても意味がない、と言っていました。



posted by OZK at 21:37| Comment(2) | 本・インターネットなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
児童書は好きなのに、
全然知らなかったです。
ちょっと調べてみたら、少し重い感じの内容なのかしら?

村上春樹の本はどうでした?
Posted by パンダ料理長 at 2012年04月10日 13:21
パンダ料理長様。コメントにお返事しなくてごめんなさい。
つい最近、ブログのプロバイダー(っていうの)のほうで、いろいろ変更があって、コメントを承認したら、きえてしまったんです。2日ぐらいしたら、表示されるようになったのだけれど。というわけで、あせって、前のコメントにはお返事かけませんでした。そ、れ、で。ハートネットのは、ちょっと思いかな。考えさせられる、っていうかんじで、大人でも十分。村上が春樹は、なんか、考えちゃって、なかなか進まない。あまりにも現代に密着していて読むのが辛い本だな、と思って、途中で止めようかと思ってしまいました。気を取り直して、また、読みはじめたところです。
Posted by OZK at 2012年04月11日 06:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。