2012年03月05日

イースター前の展覧会

数週間前のこと、ブリスベンの中心近くにある大きな教会で行われる、イースター前の美術展に出品したいと意思表示をしたのですが、それ以来主催者からはなしのつぶて。

いよいよ今月の第3週目には作品を納入しなくてはならないのに、正式な書類の記入もしていないけれど大丈夫なのか?とさすがに不安になり、先週末、担当者にメールしてみました。

するとすぐ返事が来て
「不思議。いまちょうどカタログを作っていたのだけれど、あなたの名前がないので、残念だわ、今年は出品してもらえないのかしら、と思っていたところよ」と言われました。去年初めて参加した展覧会なのですが、担当者はうそなどつくような人ではなく、単純に、最初のメールはどこかにまぎれこんでしまったようです。

やれやれ危ないところでした。
早速、参加したい旨を伝え、申込書を郵送してもらいました。
メールで必要事項を伝えましょうか、と言ったのですが、紙の方がいいそうなので、届いたらすぐに送り返そうと思います。
やれやれ危ないところでした。

この展覧会は、版画だけでなく、陶芸や彫刻、絵画なども展示されるのですが、
同じ町に住む者が展示している、というところに共通点があって、これはこれで楽しいです。
また、おととしの12月にブリスベんに引っ越してきて初めて参加した展覧会で、主催者に面倒をよく見てもらったこともあり、たったの2年目ではありますが、なんとなく愛着のようなものも感じています。

テーマはあるのですが、制作年度の制限はないようなので。私は数年前に作ったフォトポリマー・エッチングの作品を一点展示しようと考えています。


posted by OZK at 22:20| Comment(0) | 展示・販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。